INTERVIEW
〜普通のOLが魔法使いになるまで〜

ヒーラーズアカデミー体験記 〜普通のOLが魔法使いになるまで〜

元CEO・岡崎直子のヒーラーズアカデミー体験記

私は2008年のゴールデンウィークに受けた、たった6日のヒーラーズアカデミーで目の前の世界がガラガラと崩れさるような衝撃を受けました。

当時私は大手出版社に勤めていて、お給料は今でも時々惜しいなと思うほどとっても良かったのですが、仕事は忙しくて毎日深夜残業でタクシー帰宅。遊びと言えば仲良しの先輩と朝までお酒を飲むか、とりあえず合コン。お給料はマッサージ代とストレス発散のお買い物に消えていくという、まあ自堕落な若者でした。職場には大嫌いな上司がいて、その人から呼ばれたり、仕事のやり直しを命じられたりすることが苦痛で苦痛で仕方ありませんでした。だけど、「大きな会社でいいお給料をもらっている自分」は両親にとっても自慢の娘。友達や初めて会った人には有名ファッション雑誌のロゴがでかでかと入ったカッコイイ名刺を渡すだけで「すご〜い!」と褒めてもらえました。

反面、当時の私の楽しみは、アデプトプログラムを受けたガイドさんのヒーリングサロンに通って、占いやヒーリングを受けたり、ヒーラーズアカデミーの事前クラスで新しいスピリチュアルな考え方を学ぶこと。パワースポットに行ってみたりもしました。神聖でピュアな、もうひとつの世界に心をときめかせていました。

 ヒーラーズアカデミーに申し込む前は、「スピリチュアルにそこまで本気でハマるなんておかしいのかも」「いや、でもアデプトにもヒーリングにもすごくピンと来てる!おもしろい!」「でも友達や会社の同僚にバレたら恥ずかしい。こんな大金使ってばかみたいって思われる!」「あ〜でもとにかくなんだか面白そう!(理由ナシ!)」と、ネガティブとポジティブの間で揺れ動く心に大忙し。でも実際ヒーラーズアカデミーを受け終わってみてのいちばんの感想は、「ああ、自分の人生は本当に変わったな。もう自分の本当の心に嘘をついて生きて行くことはできないんだな」という、深い実感と感動でした。

例えるなら大きなキャンバスに書かれた油絵を、ぜーんぶクリーンアップしてしまったような。自分なりにいい絵にしようと必死で、いろんな絵の具をどんどん重ねて、何の絵だかわからなくなってきたけどまだ色を重ねて、ピンクが入れば、グリーンをのせれば、白をまぜれば、いい絵になるんじゃないか?なんて必死でつくっていた作品を、思い切って一度まっさらに戻したような気分でした。そこにはただ、真っ白なキャンバスがありました。そして私は、今度新しく線を引くときには、この気持ちで引こう、と心に決めていました。「私は神聖な存在である。」「私がわくわくすること、好きなこと、ピンと来ること、楽しいこと、それにひとつたりとも嘘をつかずに、今度こそ『自分の作品』を描こう!」

実際、そこから私の人生は大きく変わりました。

男性が苦手で、悲しい恋愛ばかり繰り返していたかつての自分から、愛すること愛されることの素晴らしさを教えてくれる、魅力的な男性とおつきあいできる自分に変わりました。華やかな業界で肩書きに釣り合うのに必死だった自分から、心から自分の使命だと思えること、心から好きで楽しいことだけをやって生きて行く自分に変わりました。そして現代の魔法学校であるモダンミステリースクールのCEOとして、リーダーの役割を担うという、エキサイティングな挑戦に取り組める自分に変わりました。

しかし、ヒーラーズアカデミーは「受ければ成功できる!」「開運する!」というような、効能型商品ではありません。まったく違います。そういう効果はありません。それは期待しないでください。実際、私も今でも人生の悩みはつきませんし、傷つくことも辛いことも恥ずかしいことも自信をなくして落ち込む日も、ゼロにはなりません。残念ながら、ならないのです。

このプログラムは、飢えた人に魚をあげるのではなく、その代わりに釣り竿を渡します。それはこの6日間で作り上げる、新たな思考回路であり、エネルギーであり、スピリチュアルツールです。それをどう活かし、どう人生を創造していくかは、あなたという神聖な存在の大いなる自由意志と行動にかかっています。

自分自身を成長させること以外に、人生を向上させる術はないのです。ここで言う自分自身の成長とは、「神聖な存在である自分自身のパワーと自由を取り戻す」ということに他なりません。

そして8000年以上続く聖なるヒーラーのリネージに名を連ねるということは、そのようにして自己を育て、“神聖な存在”としての生き様を選択し、この世を少しずつ良くしようと努力してきた人々の列に、あなたも加わるということです。

ヒーラーズアカデミーで「思い込みのBOX」を破壊された2008年の私は、DNAアクティベーションのワンドを手渡されたとき、「なくしていた聖なるパワーが戻ってきた」と感じました。アデプトプログラムで開いたドアの先で、あなたは聖なるパワーを扱える自分自身に出会います。そして同じ道を歩む仲間にも。自分が素晴らしい存在であり、わくわく楽しむために生まれてきたことを思い出させてくれる。そういうエネルギーだからこそ、DNAアクティベーションはパワフルです。

ヒーラーズアカデミーで受け取るエネルギーとツールは一生ものの、あなたとあなたのスピリットとの絆です。地上の他のどんな学校でも大学でも得ることのできない、あなたのかけがえのない財産になることは間違いありません。

ヒーラーズ・アカデミー1
http://ha1.mmsjapan.jp/


NAOKO OKAZAKI 岡崎直子
モダンミステリースクール 元CEO
※新システム移行により、CEOを退任しました。

国際基督教大学卒。大手出版社に入社し、女性ファッション誌エディターとして勤務。 その後フリーランスエディター・ライターとして独立。 累計発行部数40万部超えのベストセラー単行本の出版に携わるなどライターとしても活躍中。 MMSではトゥルータロット初級認定講師、チャネリングスクール講師補佐などを担当しつつ、2004年よりCEOに就任。 卓越した文章力、分析力、プロデュース力を発揮し、港区麻布の個人サロンにて占い師・ヒーラー・セミナー講師としても活動。 また起業家、ヒーラーなどに向けたビジネスコーチングも行い、スピリチュアル的理解を元にした的確な指南で話題を呼んでいる。