COLUMN
渡辺ようこ教授のエソテリック・ワード

渡辺ようこ教授のエソテリック・ワード「エクソシズム」

 エクソシズムとは、悪しき霊を取り除く、または浄化する儀式をいいます。日本語では「悪魔払い」、「悪霊払い」などと訳されますが、いわゆる「お祓い」「魔除け」などもこれにあたるでしょうか。そして、エクソシズムを行う人をエクソシストといいます。

 エクソシズムというと、どのようなイメージですか?何やら怖〜い感じでしょうか?「エクソシスト」「ザ・ライト エクソシストの真実」「エミリー・ローズ」などの映画みたいなことって本当にあるの?作り話じゃないの?という感じでしょうか?

 今まであまり前面に出されることはありませんでしたが、実はエクソシズムはミステリースクールの大きな柱の1つです。この世界には光と闇があり、闇があるからこそ光を理解することができます。もし光だけしか見ない、光だけしか扱わないとしたら、それは世界の半分にしか目を向けていないことになるでしょう。

 もっとも、エクソシズムといっても映画に出てくるような大掛かりな儀式だけではなく、落ち込んでいる人を笑顔にすることも、エンパワーすることも、誰かからネガティブなエネルギーを少しでも取り除くことは全てエクソシズムといえます。自分自身の状態を振り返って常にポジティブでいられるようにすることは、自分自身に対するエクソシズムです。

 そう考えると、誰でも日々の生活の中でできるエクソシズムはたくさんありますよね。ぜひ皆さんも日々「エクソシスト」として活動していって下さい。